キャンペーンと連動したインフルエンサー施策でTikTok売れを実現した支援事例

キャンペーンと連動したインフルエンサー施策でTikTok売れを実現した支援事例

今回はTikTokのプロモーション支援をさせていただいた、株式会社ティルティルジャパン様の取組み事例を紹介させていただきます。

本施策ではTIRTIRクッションファンデのQoo10メガ割に合わせて、TikTokプロモーションを実施し、メガ割の販売目標をなんと初日で達成。マイクロTikTokerによるPR投稿を短期間集中で大規模に実施し『TikTok売れ』を巻き起こしました。

今回は施策のこだわりポイントや今後の展望について、マーケティング部のご担当者様にお話を聞かせていただきました。

今回実施した施策

マイクロTikToker50名によるPR投稿施策

キャンペーンに合わせて短期集中でSNSプロモーションをしたかった

今回プロモーションを実施したTIRTIRのクッションファンデ

ーー 最初に弊社のプロモーション支援でお声かけいただいた経緯を教えてください。

iHackさんにお声かけした1月中旬は、2月末のQoo10メガ割に合わせてTikTokでのインフルエンサーマーケティング施策をお願いできる代理店さんを探しているタイミングでした。

TikTokでのプロモーション施策をスピーディーに質高く進めていただける代理店さんを探していたんです。

ーー 過去にTikTokでプロモーションを実施したことはなかったのでしょうか。

実は別のPR代理店さんで2021年12月に数十件規模のPR投稿を試してみたのですが、期間内に予定していた件数の投稿が上がりきらなくて・・・

1ヶ月弱くらいの準備期間でQoo10メガ割期間に合わせて数十件規模の投稿をしていただける代理店はいるのかなという不安を感じていたタイミングで、iHackのご担当者さんにお会いしました。

ーー 弊社にご依頼をいただく際、どのような点が決め手となったのでしょうか。

ご担当者さんとお会いをしてみて、過去に数十件〜百件規模のPR施策を完遂した実績があった点は心強かったです。

また、予算の枠内でキャンペーン期間内に希望件数の投稿をディレクションいただく方向で話が進みましたので、依頼を決めました。

施策進行中もキャンペーン期間に合わせて、投稿を集中させる山場を作ってくれたりと成果が最大化されるためのディレクションをしてくれた点はありがたかったですね。

販売目標を初日で達成?短期集中の動画投稿で『TikTok売れ』を実現

ーー 動画を制作する際にこだわったポイントにはどのようなところがあったのでしょうか?

商品の特徴である持続性(崩れにくさ)、マスクプルーフの2点はしっかりと伝えてもらえるように画像素材や補足説明用のテキストを準備しました。

一方で、ブランドが伝えたいことを詰め込んだ広告コンテンツになってしまわないように、インフルエンサーの特性や魅力が生きるように余白を残すディレクションは意識したつもりです。

また、今回はメガ割に合わせたプロモーション施策でしたので、メガ割のキャンペーンなどには動画内で言及していただくようお願いしました。

ーー メガ割に合わせて短期集中でコンテンツを投稿してみた結果はいかがでしたか?

メガ割期間に短期集中で投稿できた甲斐もあってか、再生数やエンゲージメントも期待以上の数値でした。

施策の目的であったQoo10での販売数についても非常に好調で、メガ割期間の販売目標を開始初日で達成できました。

販売目標以外にも、メガ割の販売数ランキングで第3位にランクインでき、ブランドとしての2月全体販売数も前月の数万規模から大きく伸ばして十数万個を記録するなど期待以上の結果を得られました。

ーー 実際に投稿された動画の質に関してはどんな印象をお持ちですか?

マスクに色移りしていない様子を実演しながら見せたり、商品を使った後のBefore/Afterも紹介してもらえるなど、商品特徴をうまく伝えてくれる『いい動画』が投稿されていたなという印象です。

インフルエンサーの強みを生かしつつ、商品の強みや特徴を紹介してもらえたので、再生数の伸びもよかったのではないかと思います。

今後はSNSプロモーションを生かして店頭での販売促進も

ーー 最後に今後のSNSプロモーションの展望をお聞かせください。

引き続き、SNSプロモーションには力を入れていきたいですね。

今回のようにQoo10メガ割などのキャンペーンに合わせたプロモーションだけでなく、店頭での販売促進を目的としたSNS施策やブランドイメージを作っていくようなチャレンジもSNSを活用してやっていけたらと考えています。

ーー 店頭での販売促進なども力を入れていかれるのですね。

まだ未確定な部分も多いですが店頭への配荷はもっともっと進めていきたいと考えています。販売開始したタイミングで店頭購入が活性化するようなプロモーションはやっていきたいですね。

また、商品の認知も広まってきましたので、InstagramなどのSNSで口コミを調べる人が参考にできる商品レビューなどももっと増やしていけたらなと考えています。

関連記事一覧