インフルエンサーマーケティングの費用はいくら?依頼方法と聞いてわかった注意点

「インフルエンサーへの依頼方法がわからない」
「PRをしたいけどステマにならないか不安...」
インフルエンサーを起用してPRを考えているが、上記の悩みを抱えている方も多いでしょう。

この記事では、依頼方法や相場、インフルエンサーに聞いてみてわかった依頼時の注意点を解説します。

インフルエンサーマーケティングの費用はいくら?広告との違いや相場を紹介

インフルエンサーマーケティングとは、インターネット上で強い影響力を持つ「インフルエンサー」や専門家に製品・サービスの魅力を伝えてもらうPR手法です。広告と比べて、消費者視点で製品の魅力を訴求しやすいため、個人向けサービスを展開する企業に注目されています。

最近では、専門家や評論家以外にもInstagramやYouTube、TikTokなどのSNS上で強い影響力を持つインフルエンサーが出てきたこともあり、認知拡大やファン獲得を目的に実施する企業が増えています。

インフルエンサーに依頼する費用はどのように決まる?

ここではインフルエンサーに依頼する際の費用について解説します。一般的には、以下の計算式で決まるケースが多いです。

フォロワー数 × 単価

単価(フォロワー1人当たりに掛かる費用)はインフルエンサーのフォロワー数やSNSによって変わってきますが、3円前後で設定することが一般的です。PRを依頼するSNSや事務所に所属しているかどうか、によって変わってきますが以下の料金で依頼から始めてみましょう。

SNSフォロワー単価の相場
YouTube4〜5円
Instagram2~3円
TikTok3〜4円
※フォロワー数によって単価相場も変わってきます
※事務所所属の場合、単価が異なる場合もあります

一般的には上の比較表の費用で依頼をすることが多く、フォロワー数が増えるほどフォロワー単価も高くなる傾向にあるため、報酬も高くなります。インフルエンサーによっては「フォロワー単価1円以上からしか対応していない」など、条件を提示してくることもあるため、まずは依頼してみて条件を調整するのがおすすめです。

相談を受けた際は、インフルエンサーの投稿動画を見つつ、指定を受けた単価でも実施する意義があるかを検討してみると良いでしょう。

インフルエンサーに依頼すると結局いくらかかるの?

実際にフォロワー数50,000人で単価1円のインフルエンサー2人を起用した場合を見ていきましょう。

50,000(フォロワー数)×2人 ×2円(フォロワー単価)=200,000円

概算ではありますが、上記の金額が依頼時の目安の金額となります。続いては、具体的にインフルエンサーに依頼する3つの方法を紹介します。

インフルエンサーへ依頼する際の3つの方法

そもそも「どのように依頼すればいいのか分からない」という方も多いかもしれません。インフルエンサーに依頼する方法は大きく以下3つに分けられます。

  • インフルエンサーに直接依頼する
  • プラットホームを活用する
  • 代理店に依頼する

依頼方法①:インフルエンサーに直接依頼する

最初に紹介するのが「インフルエンサーに直接依頼する」という方法です。依頼主がインフルエンサーを選定・キャスティングし、依頼〜効果測定まで行います。

代理店などの中間業者を用いないため、他の方法と比較して費用を抑えやすい点やインフルエンサーと直接コミュニケーションをとってサービスの魅力や想いを伝えられる点はメリットと言えるでしょう。

一方で、インフルエンサーに直接依頼する際、注意しておきたい点もいくつかあります。

インフルエンサーに直接依頼する際の注意点

依頼交渉やインフルエンサー選定、企画のすり合わせなどをすべて自身で行わなければいけないため、調整コストがかかる点には注意が必要です。

インフルエンサーによっては途中で連絡が途絶えてしまうことや商品紹介がほんの一瞬しかされず、宣伝効果の薄い動画を投稿されてしまうケースもあります。そうした調整の負担がかかる点は事前に理解して、依頼を進めると良いでしょう。

ステマにならないよう注意しよう

インフルエンサーを起用してPR施策を打つにあたり、「ステマだ!」と炎上しないか不安に感じる方も多いのではないでしょうか。ステマリスクを避けるためにも、インフルエンサーの投稿に「広告」や「PR」のタグを必ずつけてもらう必要があります。

インフルエンサーに依頼する際のメールでは何を伝えるの?

インフルエンサーへの依頼文には、以下を追加しましょう。

  • 挨拶(簡単な自社の紹介)
  • 商品の特徴や詳細
  • 投稿するSNS媒体
  • 報酬
  • 希望ハッシュタグ
  • 投稿期限

インフルエンサーによってはInstagramやTwitterのDMでやり取りをする方もいます。SNSでやり取りをする際、読んでみたときに依頼文が固くなりすぎてしわないように、必要に応じて絵文字を使うなどして親近感を持たせるのも依頼時のポイントです。

依頼方法②:マッチングプラットフォームを利用する

PR案件を探しているインフルエンサーと、依頼したい企業をつなぐプラットフォームも存在します。依頼方法の2つ目は、こうしたマッチングプラットフォームを活用して依頼する方法です。

直接依頼する場合と同様、代理店と比較して費用を抑えやすい点やインフルエンサーと直接コミュニケーションを取れることはメリットと言えます。また、SNS経由で直接依頼する場合と比較して、インフルエンサー探しの手間が省ける点も魅力の一つと言えるでしょう。

マッチングプラットフォームを利用する際の注意点

SNSから直接依頼する場合と同様、金額交渉やインフルエンサーとのやりとり、効果測定などは自分で行う必要があります。依頼〜動画投稿までの調整コストがかかる点はデメリットと言えるでしょう。

マッチングプラットフォームを利用することでインフルエンサー選定は効率化できるので、複数名のインフルエンサーに依頼したい方には向いているかもしれません。

PR代理店に依頼する

3つ目の方法はPR代理店を利用してインフルエンサーに依頼する方法です。PR経験豊富な代理店が企画から効果測定までサポートしてくれます。

自社のサービスにあったインフルエンサーを選定してくれたり、これまでのPRのノウハウを生かして企画の提案をしてくれるため、調整コストがかからない点はメリットと言えるでしょう。

PR代理店に依頼する際の注意点

インフルエンサーの選定や企画〜交渉などは代理店が実施してくれるものの、直接依頼やプラットフォームを利用する場合と比較してコストがかかってしまう点はデメリットと言えます。依頼する代理店にもよりますが、フォロワー単価1〜2円くらいを上乗せされる場合が多いようです。

また、代理店によって得意なSNSや業界が異なる点にも注意しましょう。代理店を選定する際は、費用だけでなく過去の実績やサポート内容を踏まえて判断しましょう。

【インフルエンサーに聞いてわかった】PRを依頼する際に注意しておきたい2つの注意点

ここまではインフルエンサーへの依頼方法や費用について説明をしました。インフルエンサーにPRを依頼する際に注意すべき2点を紹介します。

  • 広告感が強い動画にならないように気をつける
  • 投稿をインフルエンサー任せにしない

広告感が強い動画にならないように気をつける

ステマ対策はできていても広告感の強い動画になってしまうと視聴者からネガティブな印象を持たれてしまうこともあります。iHackでお取引のあるインフルエンサーの方に話を聞いたところ、フォロワーからDMで投稿動画について違和感があると指摘を受けるケースもあるようです。

普段の投稿動画との一貫性も注意しておくと良いでしょう。依頼する際は、インフルエンサーと打ち合わせの時間を設けて、インフルエンサーの意見もヒアリングすることをおすすめします。

フォロワーが求めるコンテンツを知っているのは、インフルエンサーです。動画を依頼する業者としてではなく、一緒に商品の魅力を伝えるパートナーとして、情報交換できると良いでしょう。

投稿をインフルエンサー任せにしない

企業が細かいところまで指定をしすぎると、広告感が出てしまうリスクがある一方で、投稿をインフルエンサー任せにしてしまうのも良い依頼の仕方ではありません。

例えば、投稿された動画を見ると一瞬しか商品紹介がなかった、他商品と一緒に商品紹介されており、自社の強みを紹介されていなかった、という事態になってしまう可能性もあります。そうした事態を避けるためにも、投稿をインフルエンサー任せにしないよう注意が必要です。

投稿前に動画を見せてもらって、以下の2点は確認しておくことをおすすめします。

  • 商品紹介の時間は短すぎないか
  • 意図した訴求になっているか

その他のインフルエンサーマーケティングにおける失敗事例や注意点については、こちらに記事で解説しています。

インフルエンサーマーケティングの失敗とは?失敗の理由と成功に導くポイント

インフルエンサーは施策の目的や費用に合わせて選ぼう

インフルエンサーにPRを依頼する際、フォロワー数や知名度のみでインフルエンサーを選ぶのは良い選び方とは言えません。PRの目的に合わせてインフルエンサーをキャスティング・オファーすると良いでしょう。

例えば、UGCを増やしたい場合に、マイクロインフルエンサー(フォロワー1万人〜5万くらい)を複数名に依頼する方法と1人のメガインフルエンサー(フォロワー100万人以上)に依頼する場合があります。

新商品発売のタイミングで確実にUGCを増やしておきたい場合や予算が限られている場合、マイクロインフルエンサーを複数名起用した方が良いと言えますし、予算をかけてとにかく多くの人にリーチしてUGCを増やしに行きたい場合は、メガインフルエンサーに依頼した方が良い場合もあります。

このように、予算ややりたいことによって条件に合うインフルエンサーも変わってくるため、選定する際はそれぞれの選択肢のメリット、デメリットを比較して選ぶと良いでしょう。

まとめ

この記事では、インフルエンサーへの依頼方法や費用、注意点について紹介しました。依頼する方法はさまざまですが、依頼にあたってインフルエンサーと一緒にビジネスをしていくことが重要です。

ユーザーに届くコンテンツを作成するためにも、インフルエンサーの声を尊重しつつ、自社の伝えたいことはインフルエンサーにしっかり伝えて、依頼をしてみましょう。

関連記事一覧