化粧品業界におけるインフルエンサーマーケティングとは?成功事例やメリットを紹介

化粧品業界におけるインフルエンサーマーケティングとは?成功事例やメリットを紹介

スマホの普及に伴い、SNSを利用して、商品やサービスの認知拡大を図る企業が増えてきました。
インフルエンサーを起用したSNSプロモーションは効果測定が難しい、と考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事は化粧品会社がSNSでインフルエンサーマーケティングをやるメリットや実際の成功事例や実施する際の注意点を紹介します。

化粧品会社がインフルエンサーマーケッティングを実施するメリットは?

多くの化粧品ブランドはインフルエンサーマーケティングを起用してSNSプロモーションを実施しています。

化粧品業界の企業がインフルエンサーを起用したプロモーションをする理由には主に以下の3つがあります。

  • 一般的な広告と同様に商品やサービスの認知拡大につながる
  • リテールに取り扱ってもらうためのアピールになる
  • 商品の使用感が伝わり購入の後押しになる

それでは具体的にこれらのメリットについて具体的にご紹介していきます。

メリット①:商品の認知拡大につながる

人気インフルエンサーがもともと持つ拡散力を利用し、多くのユーザー(特にインフルエンサーのファン)に商品の特徴や魅力を伝えることが可能です。

また、人気インフルエンサーの持つ影響力はとても強いため、特にTikTokなどの拡散力の強いSNSではフォロワー以外の潜在層へのリーチも見込めます。

このようにインフルエンサーを起用することにより、商品や企業の認知度が拡大すると考えられます。

メリット②:リテール(小売店)に取り扱ってもらうためにアピールになる

化粧品のEC化率は6%と低く、リテール(小売店)に自社商品を取り扱ってもらうことは、化粧品会社にとって重要なのではないでしょうか。

小売店も商品を店頭に置いた際にどのくらい売れそうかは気にするポイントですので、SNSなどのプロモーションによってどれだけの消費者に認知・注目を集められているか、は確認されるポイントです。

そのため、インフルエンサーを起用した商品の認知拡大はリテールに取り扱ってもらうための大きなアピールになると言えるのです。

メリット③:使用感が伝わるため商品購入の後押しになる

インフルエンサーマーケティングでは、リーチを見込めるターゲットの大半がインフルエンサーの持つフォロワー(ファン)になります。

自分の好きなインフルエンサーがオススメしている商品だからこそ、PR商品であっても信頼度が高く、「この人が紹介しているからきっと良い商品だ」「買ってみたい」「気になる」という風に購入の後押しになるパターンが多いと考えられます。

このようなパターンで消費者からのリーチを獲得できるのは、インフルエンサーマーケティングの特徴であると言えます。

化粧品業界におけるインフルエンサーマーケティングの成功事例

それでは実際に成功しているインフルエンサーマーケティングの例をご紹介していきます。

RIMMEL

RIMMELは、マーケティング会社であるBETC Londonとコラボレーションし、新しいブランドのコンセプトとして「Live The London Look」を発表。その際にコンセプトの認知拡大を目的として、インフルエンサーマーケティングを利用しました。

Live The London Lookというコンセプトの認知度を拡大するために、BETC Londonは、指でアルファベットの「L」を2つ作った「LLポーズ」という独自のサインを作成しました。

ブランドアンバサダーを務めているモデルのCara Delevingneさん、歌手のRita Oraさんを始め、ブランド初の男性ビューティーインフルエンサーである、Lewys Ballさんとタイアップし、このサインを広めてもらいました。

キャンペーンのハッシュタグである「#livethelondonlook」は、2022年3月時点で、4.8万件以上もの投稿で使用されており、成功を収めていることがわかりますね。

rom&nd

韓国コスメブランド「rom&nd」は、韓国コスメを多く紹介している人気インフルエンサーであるSarinaさんとタイアップしました。

rom&ndでは、リップがとても人気ですが今回紹介する投稿ではメイクパレットを紹介しており、1.5万件以上のいいねを獲得できました。

起用されたsarinaさんは韓国コスメを多く紹介しているため、韓国コスメに興味のあるフォロワーが多いと予想されています。

この事例ではインフルエンサーの持つ拡散力を利用できただけではなく、ターゲット層へ直接届けることができたのが、購入に繋がりやすかった理由の1つだと考えられます。

美容系・コスメ系のインフルエンサーにはどんな人がいる?

続いて、実際に美容系インフルエンサーとして活躍している人をご紹介します。

イガリシノブさん

Instagramアカウント:https://www.instagram.com/igari_shinobu/?hl=ja
フォロワー数:約34万人(2022年3月)

メイクアップアーティストとしてテレビにも取り上げられるほど有名な美容系インフルエンサーです。

イガリシノブさんの投稿では、文字入れ投稿やビフォーアフター投稿など、一目でどんな投稿内容かわかりやすいものが多く、ユーザーの目を引きやすい工夫がなされていますね。

「イガリメイク」としてイガリさんのメイク術はとても人気なため、使用しているコスメにも注目が集まります。

濱田あおいさん

Instagramアカウント:https://www.instagram.com/aoihamada/
フォロワー数:約5.8万人(2022年3月)

フリーのモデルとして活躍中の濱田あおいさんは、メイクの腕や可愛いビジュアルがとても人気です。

新作やトレンドのコスメの紹介が多く、日々、トレンド商品を知ることができます

ずぅさん

Instagramアカウント:https://www.instagram.com/xxizumiiixx/?hl=ja
フォロワー数:約3.9万人(2022年3月)

ずぅさんは働きながら子育てもこなすインスタグラマーさんです。子育てや仕事に忙しいときに役立つ時短メイクが話題になっています。

どこのパーツにどの化粧品を使用しているかを画像上で紹介している投稿が多く、商品を使用した際の実際の仕上がりを載せているため、商品の使用感をイメージしやすい投稿になっていますね。

ずぅさんと同じような境遇のママさんにとても人気です。

化粧品会社がインフルエンサーマーケティングを実施するにあたり押さえておきたいSNSの違い

化粧品会社がインフルエンサーマーケティングを実施する上で、利用するプラットフォームごとにどんな違いがあるのでしょうか?

特徴や事例についてご紹介していきます。

Instagramで商品特徴やテクスチャーを画像投稿して検索対策しよう

Instagramは「画像投稿」を中心としたSNSです。トレンドに敏感である若者の利用者が多く、ハッシュタグから検索してトレンドのキャッチや欲しい情報を収集しているユーザーがとても多いです。

文字数に制限がないため、文章で商品をより詳しく解説することもできます。

Instagramでの成功事例

【Dior×古川貴絵さん】

若い女性から人気を集める女性誌ViViの公認インフルエンサーである古川貴絵さんがコスメの商品を紹介すると、彼女にあこがれを抱く若い女性から商品への質問が殺到し、発売前にもかかわらず大きな反響を呼びました。

実際にこちらの投稿も2022年3月時点で4,300件以上ものいいねを獲得しており、大きな反響を呼んでいることが分かりますね。

YouTubeは動画投稿がメインで詳細な商品紹介におすすめ

YouTubeでは人気のユーチューバーを起用し、実際に商品を使用してもらい、感想やレビューをしてもらうといった形での活用方法になります。

より消費者目線に近く、商品のテクスチャーや色味などを詳細に消費者へ伝えることが可能です。

様々あるプラットフォームの中で、最も商品の魅力を詳細に伝えることが可能なため、詳しく商品の説明をして、購入への後押しや決定打となるようなクリエイティブにしたい場合は、YouTubeの利用がおすすめです。

YouTubeでの成功事例

韓国発の人気基礎化粧品ブランド・ナンバーズインを運営する「株式会社Benow」は、韓国好きで知られるインフルエンサーのあゆたび / ayu tabiさんを起用し、同じく韓国好きの若い女性を中心としたチャンネル登録者へアプローチしています。

商品と親和性の高いユーザの興味を引く工夫がなされているコンテンツを配信することで、より高いリーチが見込めます。

こちらの実際の動画では2022年3月時点で、110万回再生を記録。「使ってみようかな」「買ってみます」などの好評なコメントが数多く寄せられています。

Twitterは拡散力が高いので、フォロワー以外の幅広い層にリーチできる

Twitterは他のSNSに比べても高い拡散力を誇り、Twitter上で話題になる投稿のほとんどはインフルエンサーが関与しています。

#ハッシュタグ、RT(リツイート)、シェアを通じて瞬間的に拡散されるため、より多くの人へのアプローチが可能です。

「とにかく商品の認知度を上げたい!」という企業にはおすすめです。

Twitterでの成功事例

本田ユニさんと株式会社資生堂が展開するコスメブランド「マジョリカ マジョルカ」から販売されている商品「ミルキースキンマスク」のタイアップ投稿では、消費者の知りたい情報をシンプルにまとめています。

このPRツイートは3.9万いいね、5,350以上のリツイートという驚異の宣伝効果をもたらしています。

TikTokは動画投稿で潜在層にもリーチしやすい配信アルゴリズム

TikTokは15秒~1分程度の単尺動画が再生されるため、投稿された動画の完全視聴率が高くなりやすいです。

また、動画がおすすめフィードから流れてくるため、メイク方法の解説動画などで商品を紹介して貰えばPR感が少ないコンテンツを作れるでしょう。

さらに、配信の仕組みが他と異なるのもTikTokの特徴で潜在層にリーチしやすい配信アルゴリズムになっています。

広告でないと自社サイトへのリンクの設置などはできませんが、「TikTok売れ」という言葉があるように店頭での販売促進などには向いているSNSと言えるでしょう。

潜在層へのリーチ獲得を狙っている場合はTikTokの利用が効果的です。

TikTokでの成功事例

美容系TikTokerであるありちゃんさんは、パーソナルカラーアナリスト・顔タイプアドバイザー1級・日本化粧品検定2級といった正式な資格を多く持ち知識が豊富であることから、ありちゃんさんが紹介するコスメの正直レビューはとても参考になります。

このような信頼性のあるTikTokerに依頼してPRした商品は、購買欲が促進されると考えられます。

@arichan_make

フォロワーさんが選ぶ!今年買ってよかったベストコスメ第1位はこれだ👑✨【ベースメイク編】 #美容 #ベストコスメ

♬ オリジナル楽曲 - ありちゃん【美容系、コスメTikToker】 - ありちゃん【美容系、コスメTikToker】

化粧品会社がインフルエンサーマーケティングを実施する前に知っておきたい注意点

インフルエンサーマーケティングはこれまで紹介したメリットがあるマーケティング手法ですが、注意すべき点もあるので、いくつかご紹介します。

美容系のインフルエンサーを起用する

「実際に予算をかかけてお願いはしたが、親和性の高いインフルエンサーに依頼する事ができず、効果的な認知拡大に繋がらなかった」ということも起こりうるので、せっかく予算をかけて起用するのであれば、親和性の高い美容・コスメ系インフルエンサーに依頼するようにしましょう。

インフルエンサーとのコミュニケーションをこまめにとる

動画の投稿依頼はしたものの、進行がスムーズにいかないと、希望の投稿日に投稿ができないという事態になってしまいます。

さらに、妥協したクオリティになってしまうといったこともありえるので、インフルエンサーとの連携はスムーズに行いましょう。

また、 特にマイクロインフルエンサーは個人でやっている(事務所所属では無い)ことが多いので、依頼してお金を払っても逃げられてしまう可能性があるので、注意する必要があります。

ステマにならないようPR投稿とわかるハッシュタグをつけよう

インフルエンサーマーケティングではステマによる炎上や問題が特に増えるプロモーション方法です。

インフルエンサーとの相互のコミュニケーション不足により起こるステマや結果だけを求めて意図的にステマを行う企業もあります。

どちらにせよ、ばれた場合には企業はもちろんインフルエンサーや関わっている人すべてに半永久的に悪いイメージが定着し今後の活動に悪影響を及ぼすことになるのでくれぐれもステマにはきをつけるようにしましょう。

インフルエンサーへの依頼方法やインフルエンサーマーケティングの失敗事例や注意点は以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

この記事では、コスメ業界におけるインフルエンサーマーケティングとはどんなものかについて紹介しました。

効果や成功事例、起用にお勧めな美容系インフルエンサーも紹介しているので是非参考にしてみてください。

インフルエンサーマーケティングの業界別の事例はこちらでもご紹介しています。

関連記事一覧